社史や沿革は映像制作することで詳細な記録を残すことができます

TOP > 社史・沿革映像

社史や沿革の映像制作をすると得られる効果

会社の創業からの歴史を書籍として残すのではなく、映像として残すのも最近の流行りとなってきています。その時の様々なイメージを多彩なエフェクトを用いて表現できるので、書籍に比べて当時の記録をよりリアルに残すことができます。

社史・沿革映像はこんなシーンで大活躍!

会社PR

会社の歴史をPRすることで、自社の本質やスタンスを伝えることが可能です。会社をより深く知ってもらい、共感を募ることができるため、社史・沿革映像は採用活動からブランディングまで幅広く活躍します。

社内イベント

創立記念イベントや入社式などで放映することによって、これまでの会社の歴史や培ってきた想いを共有し、社員全体の結束をより強いものにします。

プロの社史・沿革映像制作はここがスゴい!

見るものを引き込むドキュメンタリー仕立て

社史・沿革映像を制作する際に、正しい史実を伝えるのと同時に、観る人に感動を与えるというのも重要な要素です。プロの映像制作は、資料をもとにオリジナルの台本作成し、時代考証から衣装や小道具など徹底した撮影環境を整えるため、視聴者に一本のドラマを見終えたような満足感と余韻を残します。

企業の歴史を華やかに彩るダイナミックな演出

 社史・沿革映像は観る人が地味に感じたり、退屈な印象を与えてしまったりしたら失敗です。プロの映像制作では、最新技術を駆使して、観るものに華やかでダイナミックな印象を与えます。

スライドショーをCG加工

 自社で制作する社史・沿革映像は過去の写真を流しながら解説を交えるだけなので、どこか単調になりがちです。プロの映像制作では、ただのスライドショーではなく、写真にCGを駆使して映像に仕立て上げるので、メリハリがついて観るものを飽きさせません。

社史や沿革の映像制作を依頼するなら一括比較サイトが
オススメ!

 社史・沿革映像は会社の歴史の1ページを刻むものなので、安っぽい映像はこのましくありません。会社の歩んだ歴史を正しく後世に残すためにも、映像制作の依頼は一括比較サイトの利用をオススメします。